はんなり京梅酒ミニ 100ml×12本セット

はんなり京梅酒ミニ 100ml×12本セット

はんなり京梅酒ミニ 100ml×12本セット

梅酒好きは絶対落ちる!冷たく凍らせて梅酒シャーベット

「梅酒を凍らせて食べたらおいしいかも?」という発想から「はんなり京梅酒」をベースに誕生しました。
サクサクとしたシャーベット状になるアルコール度数や、凍らせて美味しい甘さの模索など、試行錯誤を重ねてできあがりました。
もちろん、そのまま飲んでも少し甘く、アルコールも低めなので、すっきりとした梅酒としてお楽しみいただけます。
家庭の冷凍庫では凍るまで一晩ほどかかる場合もあります。また、条件によっては過冷却現象が起こることもあります。

2,376(本体価格 2,160円)

商品コード:

凍らせて
シャーベット
ストレート ソーダ割
check check check
原材料名
米焼酎・梅・糖類・清酒
アルコール度数
9度

杜氏より

上品な甘さなので、梅酒好きな女性に特にオススメです。 凍らせると、きめ細かく爽やかな口当たりなので、デザートにもピッタリのアイテムです。 夏場はもちろん、湯上りにサクサクとした絶妙な食感の至高の梅酒シャーベットと自負しています。

この商品についてのレビュー

レビューを書く

この商品のレビューはまだありません

こちらの商品もおすすめRECOMMENDED ITEM

最近チェックした商品CHECKED ITEM

京都・伏見で
360年の歴史を刻む

北川本家は酒株制度の資料以前より、初代 鮒屋四郎兵衛は観月橋付近にて「鮒屋」という船宿を営み、お客様に出す酒をつくっていたといわれています。
それから360年以上、人々に愛される定番酒を造り続けて今に至ります。

清酒「富翁」の誕生

「富翁」が生まれたのは1900年代。

十代目 北川三右衛門が、中国の四書五経の中より「心の豊かな人は晩年になって幸せを得る」という意味を持つ「富此翁(とみ・これ・おきな)」の表現をみつけ、酒銘を「富翁(ふうおう)」としました。

歴史を感じる京都の定番酒として

1999年に杜氏に就任した田島善史は、全国新酒鑑評会において18年間で10回の金賞受賞、京都市伝統産業「未来の名匠」に認定されるなど活躍を続けています。

京の定番酒として、これからも愛される酒造りを行っていきます。